非常用発電設備

非常用発電設備は、消防法における非常電源、建築基準法における予備電源の目的を兼ね、非常時の電源を得る目的で設置されており万一、ビルや病院・工場などで停電が発生した場合や保守時の保安電源として用いられています。

保護継電器の種類と役割

電気系統や電気機器に万一事故が発生した場合、事故を迅速かつ確実に検出する役目を担うのが保護継電器です。

保護継電器は目的や機能により各種の種類がありますが、高圧受電設備に用いられる継電器は過電流継電器・過電圧結果・不足電圧継電器・地絡過電流継電器・地絡方向継電器などがあります。

計器の種類と役割について

計器は電圧・電流・電力などの電気量を測定するもので、高圧受電設備の保守・運用に必要不可欠なものです。電圧計・電流計・電力計・力率計・電力量計・トランスデューサが一般に使用される計器です。

電磁接触器とは?

コンデンサ、変圧器、電動機などの負荷の開閉制御を主目的とした多頻度開閉用の機器で、常時の負荷電流あるいは過負荷電流は安全に開閉できる機能をもっています。

電力ヒューズの役割

電力ヒューズは過電流遮断器の一つで、高圧回路以上でしようされる遮断電流の大きいヒューズを一般に電力ヒューズといいます。過負荷電流から短絡電流まで遮断できますが、電路を開閉する機能はありません。

計器用変圧器について

主回路の電圧に比例した低電圧に変成して、高電圧回路の計測・保護を行う目的で使用します。

特殊なものとして、高電圧回路と大地間の静電容量分圧を利用して計器や継電器に必要な電圧を検出するコンデンサ形接地電圧検出装置(高圧受電設備地絡方向継電器の電圧要素として用いる零相電圧を検出するための装置)があります。

変流器とは?

主回路の電流に比例した小電流に変成し、主回路の計測・保護を行う目的で使用します。変流器は、一次電流によって誘起された磁束が鉄心を介して、これに比例した
大きさの二次電流に変成する機器で、一次巻線の構造により巻線形・貫通系に分けられます。

電力需給用計器用変成器について

電力需給用計器用変成器は、計器用変圧器と変流器を組み合わせた構造の変成器で二次電圧と二次電流を検出します。取引用変成器の二次側には電力量や電力計などが接続され、電力取引用の計量に用いられています。

避雷器とは?

落雷などで高圧受電設備に侵入してくる異常電圧や、開閉器(遮断器や断路器)を開閉したときに発生する開閉サージなどの過電圧を抑制して、機器の絶縁破壊を防ぐために用いられています。

直列リアクトルとは?

系統の電圧ひずみを抑制して波形を改善したり、コンデンサ投入時の突入電流を抑制するために用いられています。

コンデンサは高調波に対してインピーダンスが小さいため、高調波が流入し電圧ひずみを拡大させるのでコンデンサ設備が誘導性になるように通常6%のリアクトルを使用しています。

進相コンデンサとは?

進相コンデンサには進み電流が流れるので、回路に接続すると負荷の遅れ無効電流を相殺でき、皮相電力を有効に利用できる特性を持っています。

変圧器とは?

受電または配電された電圧を建物内の各機器に適した電圧に変換する装置のことで、通信機器用から発電所用まであらゆる分野に使用されています。

配線用遮断器とは?

負荷電流や故障電流の開閉ができる低圧回路用の遮します。断器です。回路に定格電流を超える過電流が流れると、反限時特性(電流の大きさにより動作時間が短くなる)と瞬時特性(設定値以上の電流が流れると瞬時に動作する特性)を持って自動遮断

断路器と遮断器のインタロックについて

電流の開閉ができない断路器では、電流を開閉しないように関連する遮断器との間にインタロックが必要になります。インタロックとは安全装置のことです。

高圧遮断器とは?

遮断器とは常時の電流の開閉はもちろんのこと、短絡電流や地絡電流を迅速に遮断する機能を持っています。

主として回路保護用に用いられ、事故の拡大を防ぐとともに需要家内部の機器の損傷を最小限にとどめ、他需要家への事故波及を防止する役目をになっています。

負荷開閉器とは?

変圧器などの機器の開閉操作など、負荷電流の開閉ができるものです。断路器の機能に電流開閉機能を付加したもので電力ヒューズと組み合わせて短絡保護を行い、遮断器に近い機能を持たせることができます。

断路器とは?

単に充電された電路を分離したり、接続を断つことを目的としており、無負荷状態で安全に電路を開閉できるものです。単に充電された電路とは、ブッシング・母線・接続線・非常に短いケーブルの充電電流・計器用変成器などの微小電流が接続された回路のことを指します。

断路器は、負荷電流や故障電流を開閉する機能のある開閉器と異なり電圧の開閉機能のみで負荷電流の開閉はできません。

開閉器の種類について

機能や用途別に、断路器・負荷開閉器・電磁接触器・遮断器・電力ヒューズなどがあります。

単線接続図とは?

受電設備を構成する機器の電気的接続関係、全体的な設備内容、電力の配分や供給方法について簡潔に表したもののことです。

高圧受電設備とは?

電力会社の高圧配電線から分岐して、変圧器で100Vや200Vに降圧し、照明や動力の電源とする設備のことです。

電気の需要家とは?

ビルや工場、商業施設、住宅など電気を使用している企業や個人のことです。