栃木県宇都宮市の食品製造工場の製造部長から、高圧トランスの劣化により更新したいとのお問い合わせを頂きました。また、使用量が増えてきた為トランスを大きくしたいが、古くて狭い変電所なので、トランスの入れ替えが出来ない。などの相談も頂きました。

将来の設備に対しての容量計算(安全率を考慮)や温度を目視できるなどの管理のし易さを提案しました。使用量や使用環境に合った省エネトランスの選定と全停電になる為、冷凍冷蔵庫、ブロワー等に仮設電源の供給方法等の提案をしました。

作業所が変電設備の為、停電作業時の段取り幹線ルートは将来のことを考えて施工しました。重量物を搬入する為、周囲の確認と強度の確認を徹底しました。また、高電圧受電部になる為、電線の取り回しや、離隔距離を注意しました。